消費者金融の審査に必要な書類

消費者金融は審査がスピーディーなことが認知されています。審査に必要な確認書類などもアプリなどでやり取りすることも可能な業者が多く、来店などに煩わされることもなく、大変手軽です。このような消費者金融の審査には、どういった書類を用意する必要があるのでしょうか。はじめに用意してから申し込むと、事前審査に通過したあとの審査においても、スムーズになります。


<必要書類>

まず本人確認のための書類が必要です。写真付きであれば1点でも良く、写真付きでない場合には2点用意することを求められる業者がほとんどです。(→消費者金融の審査について)例えば運転免許証であれば写真付きですので1点、住基カードの写真がないものであれば他にもう一点求められます。運転免許証と住民票の住所が違う、もしくは現在住んでいる住所が違うといったときには、住民票を求められることもあります。また健康保険証が必要です。本人確認にも有効ですが、社会保険や組合保険であれば、同時に勤務先もチェックできるのです。収入を証明する書類に関しては、給与所得者であれば源泉徴収票や直近二ヶ月の給与明細などが用いられますが、自営業者の場合には少々煩雑になりますので、あいての求めに従いましょう。法律で定められた収入確認のタイミングと自社で定めているものがありますので、法律に触れないのであれば求められないこともあります。
必要書類には消費者金融業者ごとに違いもありますので、HPなどでの確認が必要です。例えば、A社とB社の必要書類が同じではないということも多々あります。