消費者金融マニアについて

世の中には色々な「マニア」あるいは「オタク」がいます、しかし彼らマニアは決してテレビで煽られているようなサブカル野郎ばかりではありません。鉄道マニア、映画マニア、TOEICマニア…本来マニアとは「一つの事案について熱狂的に掘り下げた」人間、言ってしまえば専門家やスペシャリストの類でしばしば「○○狂」とも言われます。そして私たち「消費者金融マニア」は消費者金融について熱狂的、そして徹底的に研究検証をする言わば消費者金融のスペシャリストを目指しています。


消費者金融の持つ引力とは

ただ人が「マニア」なる為には何か必ず「惚れどころ」というのが存在します。何故マニアに人に至るのか、其処にはマニアを生み出すマニアになっても良いと思わせる底知れぬ魅力があるからです。では我々を「消費者金融マニア」とたらしめるその魅力とは何なのか?その答えは率直に一言で言ってしまうと「実利が伴う」からです。調べれば調べるほど、興味を持てば持つほど「消費者金融」というのは実利を生み出します。

一般の人にとっての消費者金融というのはせいぜい「お金を借りるだけ」の場所でありそれ以上でもそれ以下でもありません。いや、むしろバブル時代に横行した横柄な高金利や強引な取立てから消費者金融に対して良くないイメージを持っている人もいるかと思います。ではそんな人に聞いてみたい、消費者金融には条件さえ満たせば無利息、つまり借りた額と同額返済でお金を借りられるサービスがあるのをご存知でしょうか。また夜間や祝日に限って言えば銀行口座からお金を引き出すよりもずっと安い手数料(金利)でお金の出し入れが出来るのをご存知でしょうか。これを聞いてピンと来ていない人というのはまだまだ消費者金融について何も知らないのと変わりません、世間一般のイメージに引き摺られ過ぎてはいませんか?私たちをマニアへと変貌させたその消費者金融の魅力について今日は知って帰ってもらいたいと思っています。 消費者金融の魅力!

借りやすい金融機関としての在り方

「消費者金融がお金を借りる為の場所」これは相違ありません。「そしてそもそもお金を借りる事自体が好ましい事ではない」確かにそれもその通りだと思います。でも大なり小なりお金がないという現実問題を解決する為にはどうしてもお金が必要です。そして自力でそのお金を工面出来ないシチュエーションにあるからこそ「お金を借りる」という選択肢は生まれるもの。家に鍋があるから鍋を買うのではなく、家に鍋がなく必要に迫られたから鍋を買ってくるのです。お金が必要というそんな時、ではあなたは誰から借りますか?親に頭を下げて借りる、良い事ですがあなたとてそんな親不孝を進んでやりたいわけではないでしょう。友達や知り合いに借りる、果たして貸してくれるでしょうか、またお金を貸してと言う事で人間関係に拗れは出ないでしょうか。そんな時に便利なのが先ほどから紹介している消費者金融です。誰にもばれる事なくまた誰に迷惑をかけるわけでもないから借りやすい、そしてそれ以上に上手に使えば借りた額と同額の返済で済むため利息もなく借りやすい、遠方にいる両親と違って何時でもまた何処からでも申し込んだその日のうちに借りられるので借りやすい、消費者金融は言わばもしもの時の為の第二の銀行口座と言っても過言ではありません。お金を借りようと思い至った時に思い浮かべるどの顔(人)よりも借りやすい、そが今の消費者金融の目指す金融機関としての在り方であり現状です。勿論使い方を誤れば痛い目にあうというその本質は昔も今も変わりません、しかしそれでも消費者金融によって「助けられた人」や「利用する事で快適な生活を送っている人」の存在を無視し、消費者金融は怖いものだというイメージだけが先行している現状は「マニア」として悲しく思います。

-参照元サイト-
借りやすい消費者金融の比較サイト・・・・・当サイトを作成する上で参考にさせてもらったサイトさんです。コンセプトを模倣させていただきました(笑)