消費者金融の審査について

消費者金融でお金を借りる為にはまず「審査」に通過しなくてはなりません。それもそのはず消費者金融をはじめとした貸金業者は基本的に融資したお金を返してもらった上でさらに利息を払ってもらいそれによって利を得る会社です、その為「貸してもまず返って来ない相手」に対してお金を貸すことは通常ありません。(→借りやすい消費者金融を多数掲載中)審査とは言わばあなたがちゃんと貸したお金を返してくれそうな人かを見極める為に設けられている篩のようなものなので、それに対しあなたは「返済能力」があり「誠実」な人間であることを証明しなくてはなりません。


消費者金融の審査基準

ところがその肝心な消費者金融の「審査基準」は少しずつ会社や商品によって異なり、またそのメカニズムやアルゴリズムといった基準や法則性の部分は基本的に公開されていません。その為申し込んだ人は「何故落ちたか」「何故自分には○○万円の限度額が許されたのか」を知る事ができません。ただどれだけ会社側が情報を隠しても結局は相当数の人が一日に申し込みを行っている為、落ちた人うかった人そういった人達の「ステータス」を比較する事で確定とまでは言えないものの大まかな審査基準というのは年々わかってきています。その為事実とは限りませんがあくまでこういう噂もある程度に以下は参考にしてください。 わかってきてます

審査に受からない人

現在消費者金融の審査は凡そコンピューターによる「スコアリング」というシステムによって行われています。これは申し込みフォーム(申し込み書類)に記入した各項目に点数を割り振りその合計点で合否を決めるというものです。例えば既婚未婚の項目で既婚なら+5点未婚なら+0点、連絡先の項目で携帯電話なら+0点固定電話だったら+2点といった具合です。ただしこのスコアリングには合計点に関わらず「ある条件」を満たしている事で他がどれだけ高い点数を出していたとしも一発で不合格になってしまうような項目も存在します。その為まずはそれらを紹介したいと思います。

・勤続年数…最低でも半年~1年以上同じ場所に努めてなくてはいけない
・申し込みで嘘の記載や誤字脱字…発覚次第原則アウト
・既に4社以上からお金を借りている…また4社以下でも多ければ多いほど厳しくなります
・1ヶ月の間に3社以上に申し込んでいる…申し込みブラックと呼ばれるものです
・本人確認(在籍確認)の電話に出られない…連絡先の記入時には十分注意しましょう
・総量規制にひっかかる…年収の1/3以上の金額は融資を受けられません
・信用情報に傷がある…信用機関に支払い延滞や滞納、債務整理や破産の記録がある

これらのいずれかの条件を一つでも満たしているとキャッシングの審査全般には受かる事が出来ないと言われています。ただし中にはこういった条件を満たしていてもこれらを重要視しない同時の審査システムを持っており審査に通る借りやすい会社もあると言われています。尤もそういった特別な会社以外で「4社以上から借入があっても審査に通る」等と謳っている会社は総じて借りやすい会社ではなく一種の悪徳会社である可能性が高いので最大限の注意が必要です。


良い点数を取るには

また上記の条件を満たしていなくてもしばしば加点が足りず審査に受からないというケースも考えられます。そこで消費者金融の審査においてどういった事が見られていてどんな人が借りやすいのかをここでは簡単にまとめています。ただし「何を重視しているか」は会社によって多少の差があります。その為A社では審査に落ちたもののB社では審査にうかったという事もしばしばあります。

・年収(会社によってはあらかじめ年収200万以上等と目安の金額を公表しているところもあります)
・年齢(あまりに若すぎる、あるいは年をとっていると不利に)
・勤続年数(長ければ長いほど基本的には有利です)
・雇用形態(正社員が有利ですが、アルバイトやパートでも審査に受かる場合があります)
・他社からの借入総額(少ない程有利です、しばしば住宅ローン等も含まれます)
・現在借入を行っている会社の数(同様に少ない程有利です)
・既婚未婚(既婚のほうがフットワークが重く有利です)
・借家持家(同様に持家が有利です)
・携帯電話固定電話(同様に固定電話が有利です)
・初回利用希望額(しばしば申請した希望額より少ない状態で審査に通る事もあります)

また他にも信ぴょう性の低い情報ではありますが「申し込みフォームが丁寧に記入されている(申し込み用紙の字が綺麗)」「身嗜みがきちんとしている」「社会的に信用のある職種(医者、教師、弁護士、公務員等)である」「両親が健在である」「クレジットヒストリーがある(過去にきちんと借りたお金を返している)」といった内容を満たしているほうが借りやすいと言います。消費者金融側が基本的に知りたいのはあなたがお金を貸すのにたる「信用できる人間」なのかどうかです。そして消費者金融が一番怖いのは「あなたがお金を返せなくなる事」または「返さないまま何処かに消えてしまう事」です。これらの事を踏まえて審査ではあなたが消費者金融側を安心させる必要があるという事です。

消費者金融と即日融資